薬剤部紹介

  • TOP
  • 薬剤部紹介
  • チーム医療

栄養サポートチーム(Nutrition Support Team;NST)

多職種による介入により入院患者さんの栄養改善を目指すチームです。2002年に発足し、現在は医師、歯科医師、管理栄養士、薬剤師、看護師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、事務職員がチームのメンバーとなっています。当初より薬剤師は主要メンバーとしてチームの一員として活動しています。主な活動としては、対象症例に対して管理栄養士とユニットを組んで担当薬剤師を決め、栄養状態の評価、薬剤による栄養状態への影響の確認、静脈栄養輸液の提案を行っています。

感染制御チーム(Infection Control Team;ICT)
抗菌薬適正使用支援チーム(Antimicrobial Stewardship Team;AST)

1998年に院内感染対策チームが組織され、2013年に現在のICTに改組されました。2012年度より感染防止対策加算の算定が可能になり、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務職の5職種による院内感染対策や抗菌薬適正使用に関わる活動を行っています。主な活動内容は環境・症例ラウンド、院内感染対策や抗菌薬適正使用に関する院内マニュアルの作成・改訂、職員向け研修会の実施、石川県内の他施設との相互評価、などです。また、2018年度には抗菌薬適正使用支援加算が創設されたことにより、ICTに加えて新たにASTが組織されました。当院では薬剤師がASTの中心メンバーとして活動しており、ASTに所属する薬剤師は最新のエビデンスに基づき、検査の実施状況および抗菌薬の選択や用法・用量の適切性、治療薬物モニタリングの実施などを評価し、必要に応じて抗菌薬使用に関する支援や臨床へのフィードバック等を行っています。このように、院内感染対策や感染症診療に対する薬剤師の役割は一層大きくなっています。

緩和ケアチーム

医師(麻酔科医、精神科医、漢方医)、看護師(がん認定看護師)、薬剤師(病棟薬剤師、緩和薬物療法認定薬剤師)の3職種で構成されています。主に院内でがん性疼痛に苦しむ患者さんの苦痛緩和を目的としてコンサルテーション型で活動しています。チーム薬剤師は多様な薬物療法を受けるまたは受けている患者さんに対する幅広い薬学的管理や連携、院内の医療用麻薬の適正使用に関する活動を実施しています。